iPhone4sガラス割れ

iPhone6ガラス割れ

今日の原宿は雲が多くて陽射しはありませんでしたが、気温は上がりました。

本日もiPhone Doctor 原宿店にご来店ありがとうございます。

珍しくまたiPhone4sの修理をしました。
iPhone4sの販売は、2011年10月でした。
iPhone4sのパネル交換は、ネジをたくさん外します。
多分20個以上です。
なのでiPhone6の修理に比べると時間がかかります。

外したネジが何処のネジか分るようにしておかないと組み立てる時に大変です。
「あれ、これはどこのネジだろう?」
となります。
慣れれば、だいたいどこのネジか分るようになります。

そして、もう一台は、iPhone6です。
お客さんは友達と二人で来店しました。
こちらのiPhone6は、なんとオーストラリアで画面修理したそうです。

iPhone6の色はスペースグレイなので、普通パネルの色は黒ですが、持ち込んだ時の色は白でホームボタンが黒の状態でした。

オーストラリアの修理業者は、黒パネルの在庫がなくて白いパネルで修理したそうです。

「今回はどうしますか。黒にしますか。白いままにしますか」
私は聞きました。
「えーー、そうですね。人によって意見が違って、パンダみたいって言う人とキモイと言う人がいて、どっちがいいかな」
友達に聞いていました。
「僕は、黒がいいと思うよ」
「じゃぁ、黒でお願いします」
「はい。分りました」

本来の黒いパネルに交換しました。
修理したiPhone6を見て、
「やっぱり黒の方がいいでしょ」
友達が言いました。
「そうだね」
納得していました。