お客さんが水のかかったiPhone6を持ち込みました。

「いらっしゃいませ。どんな状況でしょうか」
「iPhoneに水がかかってしまいました」
「どれくらいの水ですか」
「よく覚えてないんですけど、そんなに多くはないと思います」
「その後、どうしました」
「しばらく使えていたのでバックアップを取りました。それで、だんだん暗くなって、電源ボタンを押してもつかなくなりました」
「そうですか。こちらでの対応を説明します。開けてクリーニングをします。クリーニングをしてもダメな時は、バッテリーとパネルとドックコネクターを替えてみます。全部やっても電源が入らないことがあります」
「はい。分りました。お願いします」

お客さんはたくさんの水はかかってないと言ってましたが、開けてみると水滴が沢山ありました。

水がかかったiPhone6

シールがしっかりと赤色に変わっています。

水がかかったiPhone6

ロジックボードを外してクリーニングをします。

iPhone6のロジックボード

今回は、残念ながら電源は入りませんでした。